IZ*ONE(アイズワン)解散後はどうなる?宮脇咲良の進路について解説

芸能

こんにちは、トリオです。

日本と韓国の合同12人組グループIZ*ONE(アイズワン)は4月29日に解散することが決定しました。もともと2021年4月までの期間限定で結成されたグループなので、今回の発表は予定通りではありますがファンの間では信じられない様子。「活動期間延長」説も韓国メディアで報じられています。

解散することが決まり、メンバーの今後の進路はどうなるのか気になりますよね。今回この記事では宮脇咲良さんの解散後の進路について調べてみました。調べてみると解散後は

  • 韓国で再デビューする
  • 日本に戻って活動する

可能性があることが分かりました。それでは詳しく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

宮脇咲良(みやわきさくら)さんの解散後の進路予想2つ

IZ*ONE解散後の進路としては2つ考えられます。それを解説しますね。

解散後は韓国で再デビューする可能性について

宮脇咲良さんの解散後の進路は気なっていましたが、3月11日驚くべきニュースが韓国メディアで報道されました。

宮脇はIZ*ONEの活動終了後Big Hitと契約を締結し、Big Hitが新たに発表するガールズグループに合流する可能性もあると報じられた。

これに対しBig Hit側は「何も決定されたことがない」と公式立場を明らかにしている

引用元:https://mdpr.jp/k-enta/detail/2477266

Big HitはあのBTSが所属している大手事務所です。Big Hit側は契約について肯定も否定もしていないようです。

トリオ
トリオ

Big Hit傘下の事務所・Source Musicは2021年に女性グループをデビューさせると発表しているので、そこに宮脇さんが加わるのではないかと予想しています。

宮脇さんは韓国でも人気はとても高いので十分通用しそうですよね。韓国の事務所もほっとかないでしょう。

日本で活動を再開する可能性について

トリオ
トリオ

私としては所属しているHKT48に復帰する可能性が高いのではないかと思います。

なぜかというと、所属しているHKT48に戻って卒業した後に、韓国でデビューするのが自然な流れだと思いませんか?

なので一旦はHKT48に戻ってくることが濃厚ですよね。

まとめ

今回この記事では宮脇咲良さんの解散後の進路について調べてみました。

  • 韓国で再デビューする
  • 日本に戻って活動する

2021年3月13日現在ではこの2つが有力な線ですね。また情報が入り次第更新していきたいと思います。

あと、みなさんIZ*ONE(アイズワン)初となるコンサートフィルム「EYES ON ME:THE MOVIE(アイズオンザムービー)」はもう観られました?

明日3月14日に動画配信が決定しました。

無料で視聴するならdTVがオススメです!!

  • 「EYES ON ME:THE MOVIE」は3月14日にdTVで配信
  • dTVは31日間無料トライアル中(登録しても月額550円なので低価格で楽しめる)
  • 無料で視聴する方法はdTV31日間無料おためしに登録し、「EYES ON ME:THE MOVIE」を観た後に解約する(無料期間中の解約の場合は料金はかかりません)!

 

月額料金 無料期間 配信状況
dTV 550円(税込) 31日間 3月14日〜独占見放題
U-NEXT 2189円(税込) 31日間 ×
FODプレミアム 976円(税込) 14日間 レンタル
Hulu 1023円(税込) 14日間 ×
Music.jp 1958円(税込) 30日間 レンタル

 

他の配信サイトでは、

  • U-NEXT現在配信はされていません。
  • FODプレミアム1500コインでレンタル可能です。コインはiOSアプリ内のアプリ内課金(iTunes Store決済)、およびWebサイトで購入できます。
  • Hulu現在配信はされていません。
  • Music.jp1650円でレンタル可能です。

配信がされているところもありますが、レンタル料金がかかってしまうというデメリットがあります。dTVなら無料で31日間観ることができるので、デメリットは特にありません。強いていうなら解約手続きを忘れないようにする、というところですね。

dTVで見放題配信中のIZ*ONE出演作品はこちらです。

  • IZ*ONE CHU
  • 2018 ASIA ARTIST AWARDS
  • K-POPアイドルスタースポーツ選手権2019
  • K-POPアイドルスタースポーツ選手権2019 秋夕(3/1~独占先行見放題)

今すぐdTVで31日間無料登録してみる

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました