【ワンピース考察】悪魔の実の血統因子とは?物が悪魔の実を食べる原理は?

今回は悪魔の実について考察していこうと思います。

以前の動画では「悪魔の実の覚醒条件」についての考察をしました。

なので今回は「悪魔の実を”物”に食べさせる方法」や「血統因子について」、あと「人造悪魔の実」の事についても考えてみました。

スポンサーリンク

悪魔の実を食べた物

まずONE PIECEでは”物”に悪魔の実を食べさせる技術が存在しますが、悪魔の実を食べた物として、

”イヌイヌの実 モデル ダックスフンド”を食べた銃

”ゾウゾウの実”を食べた剣

”サラサラの実 モデル アホロートル”を食べたゲル状有毒ガス

”イヌイヌの実 モデル タヌキ”を食べた茶釜

この4つが存在します。

この4つに共通していることが”動物(ゾオン)系”だということです。

これは動物(ゾオン)系の悪魔の実には”動物の意思”のようなものがあるため、

成り立っているのではないでしょうか。

実際に作中の悪魔の実を食べた物達も所有者に懐いているような感じがします。

もし”物”に超人(パラミシア)系や自然(ロギア)系の悪魔の実を食べさせても、何も起こらないのではないでしょうか。

これは、食べさせるのが無理だということではなく、超人(パラミシア)系や自然(ロギア)系には意思のようなものが無いため、能力自体は宿っているがそれを使いこなせない、ということが考えられるためです。

”物”に悪魔の実を食べさせる方法

次にどのように”物”に悪魔の実を食べさせているのかという方法なのですが、

それは「血統因子」の応用なのではないでしょうか。

「血統因子」とは、Dr.ベガパンクが発見したものです。

それぞれの言葉の意味を調べてみると「血統」が、祖先からの血のつながり、「因子」が、ある結果を引き起こす元になる要素。

現象の要因を構成している作業要素または力。とありました。

そしてヨンジの「生命の設計図」という台詞から、簡単にいうと”DNA”や”遺伝子”のことだと思います。

なので、動物(ゾオン)系の悪魔の実にも動物の”DNA”や”遺伝子”が存在し、その部分のみを抽出し、”物”に能力を宿しているのではないでしょうか。

この血統因子はシーザーが作った人造悪魔の実”SMILE”にも関係しています。

”SMILE”は動物の血統因子を利用しているため、動物(ゾオン)系悪魔の実しか作れないのだと思います。

恐らくゴムや雷などの物質系は血統因子がないため作れないのではないでしょうか。

次にDr.ベガパンクが作った人工悪魔の実についてですが、それを食べたのがモモの助です。

モモの助の食べた人工悪魔の実は”カイドウの血統因子”を利用して作られています。

ここが、シーザーが作った人造悪魔の実とDr.ベガパンクが作った人工悪魔の実の違いです。

シーザーは動物の血統因子を利用した物に対し、Dr.ベガパンクは動物(ゾオン)系悪魔の実の能力者の血統因子を利用して作った物です。

そして人造悪魔の実の失敗作の副作用についてですが、シーザーの人造悪魔の実は”泳げなくなる”、”悲しみ、怒りの表情を失い笑うことしかできなくなる”といったものがあります。

他にもSMILEを食べた”与えられた者達(ギフターズ)”には人獣型しか存在せず、常にその姿でしかいられなくなってしまうと考えらえれます。

次にDr.ベガパンクの失敗作の副作用についてですが、モモの助の食べた人工悪魔の実は失敗作であるにも関わらず、シーザーが作った悪魔の実のような副作用が存在していません。

さらにモモの助は獣型と人型に戻れています。

もしかすると、失敗作と言われる要因は人獣型になれないということなのかもしれません。

そしてこれが動物の血統因子を利用した人造悪魔の実と、動物(ゾオン)系悪魔の実の能力者の血統因子を利用した人工悪魔の実の差なのだと思います。

それか、モモの助の食べた人工悪魔の実は元々成功作だったという可能性もあります。

どちらにしろ、動物(ゾオン)系悪魔の実の能力者の血統因子を利用した人工悪魔の実の方が明らかに悪魔の実としての完成度が高いことが分かります。

しかし、そうだとしたらシーザーがわざわざ動物の血統因子を使って悪魔の実を作っている意味がありません。

これは能力者である者の血統因子を入手すること自体が難しいということもありますが、動物(ゾオン)系悪魔の実の能力者の血統因子を利用して悪魔の実を作るということはとてつもなく難しいことであると考えられます。

そしてもし、Dr.ベガパンクが動物(ゾオン)系悪魔の実の能力者の血統因子を利用した人工悪魔の実を作ることを成功させているとしたら、動物(ゾオン)系能力者の集団であるカイドウの百獣海賊団よりも強力な組織を作れる可能性があります。

そうだとしたら政府には動物(ゾオン)系悪魔の実の能力者のロブ・ルッチやカクなどがいるので、その血統因子を利用した人工悪魔の実を食べた集団が存在するかもしれません。

まとめ

最終決戦では政府と戦うと予想しているので、ベガパンクの人工悪魔の実の集団や、他にも政府は”人の巨大化”つまり人工的に巨人族を作ろうとしているので、そういった集団との戦いがあってもおかしくありません。

そして、モモの助の食べた人工悪魔の実が失敗作だとしたら成功作も存在するはずなので、成功作の実の登場や、未だ謎の多いベガパンクが登場すればより一層面白い展開になっていきますよね。

また新しい情報が更新され次第、考察していきたいと思います。

以上が”物”に悪魔の実を食べさせる方法や、血統因子からつながる応用についての考察でした。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました