【ワンピース考察】青キジ(クザン)について完全考察!現在は一体何者なのか!?

ゆかりのONE PIECE考察部屋
ゆかり
ゆかり

こんにちは!ゆかりのワンピース考察部屋へようこそ!

今回は、元海軍大将の青キジこと”クザン”について考察していきます。

スポンサーリンク

青キジ(クザン)の現在とは?

クザンは頂上戦争の後、赤犬こと”サカズキ”と海軍元帥の座をかけた戦いに敗れ、その後は海軍を辞め謎の行動の多いキャラとなっております。

パンクハザード編にてドフラミンゴからは「何者なんだ!!!」と言われ

引用元:尾田栄一郎.集英社

スモーカーには「まさか”闇”に通じてる訳じゃねェだろうな」と言われています。

引用元:尾田栄一郎.集英社

この段階では、海賊側も海軍側もクザンが何を目的に動いているのか誰も分かっていませんでした。

ですがその後海軍大将赤犬と五老星との会話からクザンが黒ひげと共に行動していることがわかります。

引用元:尾田栄一郎.集英社

恐らくこのことを知っているのは海軍でも、元帥であるサカズキと元元帥のセンゴクのようなごく一部の人間だけだと思います。

なので先ほどスモーカーが言っていた「”闇”と通じてる」というのもあくまで可能性であり、そうであってほしくはないという、思いがこもっていたのではないでしょうか。

そして、クザンの

  • 「海軍に所属しなくても実行できることはある」
  • 「所属しねェから見えて来るもんもある」

引用元:尾田栄一郎.集英社

という言葉から、クザンは海軍や政府に恨みをもって黒ひげと共に行動しているわけではなく、あくまで「自分の正義」のために黒ひげと行動しているのではないでしょうか。

黒ひげと行動を共にしている理由とは?

そして、ここからが今回の本題になります。

それは”なぜ黒ひげと行動を共にしているのか”ということです。

考えられる理由は2つあります。

  1. ”サウロ探し”
  2. ”黒ひげ側の監視”

です。

サウロ探しとは

まず1つ目の根拠についてですが”ONE PIECE第397話 未来へ届くように”にてクザンが使用した技”アイスタイムカプセル”です。

引用元:尾田栄一郎.集英社

今までクザンが使用したことのある技に”アイスタイム”というのが存在しますが、このタイムカプセルというのが一時的にサウロを眠らせ、数年後に復活させるという話です。

この話のタイトルは”未来へ届くように”なので、オハラが解明していた空白の100年についての歴史とサウロ自体であるという伏線であるといえます。

そしてインペルダウンレベル5(ファイブ)の「未来へ冷凍保存されたか」というのもサウロのこととリンクさせていると言われています。

引用元:尾田栄一郎.集英社

さらにサウロの本名は「ハグワール・D・サウロ」と”Dの一族”です。

このことから、サウロが必要となってくる場面が登場すると考えられます。

そしてサウロが生きているということは恐らくクザン以外誰も知らないと思います。

だからこそ誰にもバレぬようにサウロを探しているのではないでしょうか。

黒ひげ側の監視とは?

そして2つ目の根拠ですが、”監視”と言うことは誰かに頼まれている可能性があります。

その頼んだ相手と言うのが恐らくセンゴクだと思います。

引用元:尾田栄一郎.集英社

センゴクは現在海軍にて「大目付」という立場ですが、その内容は要約すると監督や観察です。

センゴクは以前にもコラソンを使いドフラミンゴを監視させていたため、クザンに黒ひげの監視を依頼していてもおかしくありません。

海軍本部機密部隊「SWORD(ソード)」の存在

ここで考えられるのが実はクザンは”海軍本部機密部隊「SWORD(ソード)」に所属しているのではないか”ということです。

現在「SWORD」のメンバーについて明かされているのは「X・ドレーク」と「コビー」です。

引用元:尾田栄一郎.集英社

今のところ、「SWORD」は何のために作られ、他のメンバーも明かされていません。

そして海軍の中でも「SWORD」の存在について知っている者はごく僅かな人間だけだと思われます。

ですがドレークもカイドウのスパイとして行動していたことがわかります。

もし本当にクザンが黒ひげを監視しているのならドレークやコラソンと類似しているため、可能性はあると思います。

だとしたら「SWORD」というのは、四皇や七武海のドフラミンゴのような政府や海軍にとって脅威になりそうな存在の監視という役割もありそうです。

「SWORD」というのはギリシア神話に出てくる「剣」という意味があります。

引用元:尾田栄一郎.集英社

この画像のサカズキの右肩には剣がありそれが「SWORD」との関係を伏線としているのではないかと言われていますが、こうなってしまうと対立関係にあったクザンがサカズキの関係ある部隊に所属しているとは考えづらいので、個人的にはこのタトゥーには別の意味があると思っています。

そうだとすると、クザンは「SWORD」として海軍のために動き、今後再登場するであろうサウロもクザンの手引きによって「SWORD」として共に裏で活躍していく展開を期待したいと思っています。

まとめ

今後の展開で「ロビン」「クザン」「サウロ」が協力して空白の100年の謎を解き明かしてくれたらとても面白いと思います。

今回はクザンの謎の行動について色々考察しましたが、もっと深い考えのもと行動しているのだろう、と期待して今後の展開を楽しみにしていきたいと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました