【ワンピース最新話1044話考察】ニカの意思と覚醒!ルフィが食べたのは運命か必然か!

ゆかりのONE PIECE考察部屋
ゆかり
ゆかり

こんにちは!ゆかりのワンピース考察部屋へようこそ!

今回は1044話の中の「悪魔の実に宿る意思」について考察していきたいと思います

この記事を動画にまとめていますので、こちらもどうぞ!

【ワンピース1044話考察】ヒトヒトの実の新事実判明!ニカの意思と覚醒とは?

スポンサーリンク

悪魔の実に宿る意思

ゴムゴムの実の正体が、ヒトヒトの実幻獣種モデル“ニカ”だと判明し、ワンピース史上最大の伝説的な回となった第1044話。

当然この悪魔の実がどんなものなのか、またニカとはどういう存在なのか、非常に気になるところはたくさんあるのですが、今回着目したいのは「悪魔の実に宿る意思」。

ゴムゴムの実の正体を明かした五老星ですが、彼らの会話で非常に重要な情報が2つあったのです。

1つ目が、世界政府は800年間“ゴムゴムの実”を回収しようとしてきたが、手に入れることができていなかったということ。

そして2つ目が、動物系(ゾオン系)の悪魔の実には意思が宿るということ。

つまりこの2つの情報をまとめると、動物系であるヒトヒトの実幻獣種モデル“ニカ”には意思が宿っており、その意思により、世界政府から800年間逃げ続けていたということになります。

このことから考えられる1つの結論。
それは、ヒトヒトの実幻獣種モデル“ニカ”は、ジョイボーイの資格を持つ人物を探し続けていたということ。

第1044話でルフィがジョイボーイになったことが確定したわけですが、恐らくヒトヒトの実幻獣種モデル“ニカ”が覚醒したことが要因であると思われます。

となると、ヒトヒトの実幻獣種モデル“ニカ”を覚醒させることができれば、誰でもジョイボーイになることができたのでしょうか。

実はこれは違うのです。

確かにヒトヒトの実幻獣種モデル“ニカ”の覚醒が要因であることは間違いないのですが、その前提として、ジョイボーイになる資格を持つ人物である必要があると思われます。

というのも第968話で描かれた、25年前にロジャーが聞いた海王類の会話。

生まれるよ、ぼく達の王が生まれるよ、遠い海でも生まれるね。

この海王類の会話でいう「ぼく達の王」とは、当然ポセイドンであるしらほしのことを指しており、もう一人「遠い海で生まれる王」は、ジョイボーイのことを指していると思われますが、「ジョイボーイが生まれる」ということは、その人物は生まれながらにしてジョイボーイである、そう考えるほうが自然なのです。

そして今回ルフィがジョイボーイになりましたよね。
つまり、ルフィは生まれながらにしてジョイボーイであった。

言い換えれば、ジョイボーイになる資格を持って生れて来た、このように考えることができるのです。

このジョイボーイになる資格とは何なのか、おそらくDの一族であることなどが絡んでくると思われますが、なんにせよルフィは、ジョイボーイになる資格を持って生まれてきたのです。

そして先程説明した、ヒトヒトの実幻獣種モデル“ニカ”に宿る意思。

この意思によって、ジョイボーイになる資格を持ったルフィの元を目指し、ルフィに無事食べてもらうことができた。

そして今、ヒトヒトの実幻獣種モデル“ニカ”ようやく覚醒し、ルフィの中に眠っていたジョイボーイが目覚めたのです。

以上「悪魔の実に宿る意思」についての考察でした。
今回判明した衝撃的な事実の1つ、動物系の悪魔の実には意思が宿るという事実。

悪魔の実がどういう存在なのか、そもそもどうやって誕生したのか。
こういった悪魔の実の謎に関わる、非常に重要な伏線である可能性が高そうですが、みなさんはどう思われるのでしょうか。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました